飲酒

美肌を保つアンチエイジング法

肌は内蔵の鏡。
化粧品をつかって、どんなに外側から働きかけても体の中から不調のサインがでている以上なかなか改善されませんから、肌の悩み自体がストレスになってしまうこともあります。
いつまでも綺麗な肌でいるためのアンチエイジングは、まず体の健康に対する正しい知識を身につける事だと言えるでしょう。

ただし健康に関する知識と言っても、様々な分野があり、専門家の間で賛否両論ある場合も多いです。
それだけ人間の体と言うのはまだまだ未知の部分がほとんどである事を前提に、情報元を見極め、時に柔軟に自分の体と向きあう事が必要です。
さて、美しい肌とはお肌がどんな働きをして、どんな状態にあるときのことを指すのでしょうか?
線維芽細胞が活発に働いていることにより、真皮にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多く存在している状態、新陳代謝が良くターンオーバーがおよそ28日周期の安定した周期で行われている、栄養素が多く有害物質の少ない質のよい血液とそれを運ぶためのよい血液循環により、皮脂の分泌が程よく肌の水分・油分のバランスがいい、また毛穴が老廃物などで塞がっていない状態、などがあります。

ちゃんとこれらの肌の構造を知っていれば、スキンケアだけで美肌やアンチエイジングを実現させるのは難しいことは一目瞭然です。
内蔵の働きを良くする生活、3食のバランスのよい食事、適度な運動、良質な睡眠、ストレスをためないような日々の工夫といった、基本的なことの積み重ねを大切にしたアンチエイジングで綺麗な肌をいつまでも育てていきましょう。