飲酒

アンチエイジングの基本

アンチエイジングの基本としてキーワードとなるのは、抗酸化と抗糖化です。
酸化とは、本来、殺菌などの役割を持つ活性酸素が過剰に発生することで、体内の細胞を傷つけ老化させてしまう反応をいいます。
このように、体にとって良い面と悪い面を合わせ持つ活性酸素は、体内の酵素や体外から摂取されたビタミンやミネラルに処理されることで、生成と消去のバランスを保っています。

これが、喫煙、過度の運動、運動不足、偏食などによってそのバランスが崩れると、活性酸素が過剰に発生し酸化ストレスが生じることで、老化が促進されるだけでなく、がん、糖尿病、アルツハイマー病などの数多くの病気の発症原因となってしまいます。
もう一つのキーワードである糖化は、タンパク質や脂肪が糖と反応して変成してしまう生体反応です。
糖化の恐ろしいのは、美肌の大敵であったり、私たちの自立した生活を壊したり、命を奪う大病の原因になったりするだけでなく、老化を促進する遺伝子のスイッチを押してしまうことにもあります。

これにより、あちこちに痛みが出たり、ストレスを感じやすくなったりするのです。
どんなにサプリメントや化粧品などで外側から働きかけても、酸化によって細胞が傷つけられ、糖化によって体が内からどんどん老廃物を作り出す状態ではあまりアンチエイジング効果はありません。
睡眠やバランスのよい食事、適度な運動を基本に、抗酸化、抗糖化対策を生活に少しずつ取り入れる事がアンチエイジングの基本であり、重要なポイントと言えるでしょう。