飲酒

40代以降のアンチエイジング

40代は人生の折り返し地点とも言われる時期で、女性は40代に入った頃から生理周期が乱れ始め、閉経にともない更年期を迎えることで、心身の転換期に突入します。
ホルモンに変化があるのは女性だけでなく、40代になると男性ホルモンも減少していきますが、同時に男性はまさに働き盛り、ストレスや緊張感とのおつきあいが日常化し、なんとなく体に不調を感じるようになる人も多いようです。
男女ともに精神的、身体的に抱える悩みも、20代30代のそれとは違い、経験値が高い分、根深いものになっていきます。

この年代へのアンチエイジングのテーマとしておすすめは「リセット」。
今まで積み上げてきた人生経験やそこから生まれた習慣を見直し、新たな気持ちで自分のライフスタイルを一から積み上げていくことで、今まで通り、にいかない部分が出てきても然程気にならなくなり、そこで悩んで固まってしまうことから逃れられます。
そこで、そのリセット活動のお勧めとして、一つはメンタルアンチエイジングを試してみてはいかがでしょう。

欧米ではエグゼクティブのほとんどに、かかりつけのカウンセラーがいますが、日本ではまだまだカウンセリングを受けることに対して抵抗を持つ人が多いです。
しかし、身体的、精神的な悩みのほとんどは視点を変えて向き合うだけで、その負担がかなり軽減するのに対し、40代は経験が邪魔をして、一人では別の視点を見つけることが難しくなってきます。
現在、メンタルアンチエイジングを重要視するクリニックも増えてきていますので、体の悩みに合わせてメンタルケアもしてくれるクリニックを選ぶなど、選択肢は広がっていますから、ご自身にあった環境を探してみるのがいいでしょう。
同じ健康法でも意識が違うだけで結果の出方が違うと言われますから、一人で悩まずに信頼できる専門家を見方につけるがいいでしょう。